FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりです

こんにちは。またまやご無沙汰しております。体調が芳しくなくて、ダウンしてたり、仕事が立て込んだりしてました。やっぱり季節の変わり目は体調を崩しやすいですね。皆様もどうぞご自愛下さいませ。

さて、以下は最近読み終わった本と今読んでいる本について。

最近読んだ本
BL小説
いおかいつき 『好きこそ恋の絶対』 『君こそ恋の絶対』『恋する絶対の法則』『愛こそ明日の絶対』 絶対シリーズ読了しました。いやもう、真二と高城は出来上がってからずっと熱々の甘々でした。すれ違いもなし。安定してるカップルなんだけど物足りなさを感じることはありません。凄く癒されました♪『恋する絶対の法則』は高城の弟、優弥の恋のお話。こちらは親子関係をめぐるシリアスな要素もありますが、優弥が包容力のある大人の男ぶりをみせてくれます♪優弥の関西弁が好き

木原音瀬 『美しいこと』上・下 松岡の一途さに泣き、寛末の無自覚な残酷さに苛立ちながら読み進めました。木原先生の作品は恋愛が持つ「謎」に肉薄してくれるから面白いです。「なんでこんな奴が好きなんだろう?」と自分でも分かりながら、それでも恋に溺れる人間のある意味不可思議な心理が丁寧に描かれていて色々と考えさせられました。

BL漫画
ヨネダコウ 『どうしても触れたくない』 せ、切なすぎる!ちょっとオヤジっぽいけどさりげない優しさがある上司、外川とツンデレだけど繊細な嶋の恋のゆくえに二人の抱える辛い過去が絡んできて、やりきれなさで一杯になりました。一度別れた後、嶋が外川のタバコを見つけ、外川を思い出して泣きじゃくるところで涙腺が決壊しましたよ。しかし、嶋ってホント、可愛い!あの上目遣いがたまらない!本人はなるべく表情を抑えているはずなのに、外川の前では、つい顔に出ちゃってるところもいいです。このつい出ちゃった表情がすごく色っぽくて、そりゃ、外川も変なコトしたくなるだろうなあと納得(笑) 

山田ユギ 『人はなぜ働かなければならないのか』 山田ユギ先生初読みです。面白かった!特に表題作の暫定受・門倉がめっちゃツボでした。中津から貰ったチキンラーメンを後生大事に机の中にしまっておくとか、可愛すぎ!鉄仮面で策士なのに、乙女って反則ですよ~。

今読んでる本
一般書
氏家幹人『武士道とエロス』 講談社現代新書
帯は「男同士の恋こそ武士道の華」です!いや~面白いです、これ!BL好きならば、読んで絶対に損はないと思います。小姓とか衆道とかいう言葉に萌える方はぜひどうぞ♪もちろん純粋に知的好奇心から読んでも満足だと思いますが。
近世日本において、男色が一般的な習俗となっていたことが具体的な事例を引きながら論じられています。江戸時代の前期までは、武士の間の敵討ちといえば、まず男性間同性愛の問題が想起されたそうで、「義兄弟」の関係とは、恋愛関係だったそう。なので、「義兄上の敵!」といえば、彼氏の敵だったわけですね。必然的にこういう関係は、揉め事や人間関係のもつれの火種となり、やがて支配者側から危険視され、衰退していったようです。
なかなか強烈な事例がたくさん載せられていて、目からウロコでした。詳しくはまたレビューします。
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

コメント

私も読んでます~

エレニさん、こんにちは。
いつもエレニさんの最近読んだ本を読ませていただくと、私が読んだのとすごく重なっていて、「すごく好み合う~」と勝手に思っていました(笑)

「絶対」シリーズのうちの2冊、「美しいこと」「どうしても~」「人はなぜ~」は読んでいます。
ついでに、「武士道とエロス」も持っています。これはまだ積読ですが(笑)

「美しいこと」の寛末は、私もイライラしました。愛すべきヘタレ攻は好きですが、あんなイジイジヘタレは嫌です(笑) 松岡がいじらしくて、無神経な寛末の言動に傷つくのがたまりませんでした。
「どうしても~」も「人はなぜ~」も面白かったです。人気があるのもうなづけますね。

Re: 私も読んでます~

みずほさん、こんにちは。ご無沙汰しております。
わ~い、みずほさんと好みが合うなんて嬉しいです!

> 「美しいこと」の寛末は、私もイライラしました。愛すべきヘタレ攻は好きですが、あんなイジイジヘタレは嫌です(笑) 松岡がいじらしくて、無神経な寛末の言動に傷つくのがたまりませんでした。
ですね。寛末は実にイラつくヘタレですよね。私もヘタレ攻は好きなんですが、あんな優柔不断で人の気持ちを推し量ることもできないヘタレはいけませんね。

> 「どうしても~」も「人はなぜ~」も面白かったです。
『人はなぜ~』、みずほさんの感想、読ませて頂きました。いいですね~おっさん受け!私は、中津が門倉に押さえつけられた時点で中津が受だと思い込んでたので、その後の展開に「ええっ~門倉が受けなの!?」とちょっとびっくり。門倉は攻め属性ですよね(なのに、微妙に乙女っぽいところがあるのが好きなんですが)。襲っちゃってるし。いつか逆転することがあるんでしょうか。今後の展開が楽しみですね。

乙様です・・・><

エレニさん、色々な意味でお疲れ様です!
お仕事本当に忙しそうですねぇ。ほぼ毎日のように自分の時間が許す限りで訪問させて頂いてたんですが・・・久々の更新でエレニさんが元気で居て下さったコトにほっとしました。でも睡眠時間不足だとの事で・・・お体だけは充分に気をつけて下さいね><
忙しい最中に頑張って本を読まれてるみたいで・・・私も負けないで仕事もブログも本読みも頑張ろうと思いました。
「武士道とエロス」とても気になります・・・!是非私も一読したいと思います!武士道にエロは欠かせませんよねぇ☆もう武士道と聞いただけでエロを想像する自分・・・何処までも頭が腐ってます(笑)男気がなんとも・・・主君を愛する想いとか・・・もう腐的ですよね・・・。
今度本屋に行って探してみたいと思います!
まだまだお忙しいとは思いますが、無理しない程度に頑張って下さいね。

こんばんは

絶対シリーズ、よかったですよね~
私同人誌も集めているんですが、どうしても「zettai」が入手できず…!
高城兄弟カプそろいぶみなんでね~読みたいんですが。

ヨネダコウさん、山田ユギさんは、私が神と崇める作家さんなので、エレニさんにも読んでいただけて嬉しいです!
ヨネダさんはコミックスはまだこれしか出てませんが、ユギさんは山ほど出しておられるので、ぜひぜひいっぱい読んでみてください!
個人的なオススメは「俺は悪くない」「誰にも愛されない」「夢を見るヒマもない」「小さなガラスの空」です。
是非是非vv

Re: 乙様です・・・><

レイさん、こんばんは。お気遣いありがとうございます!とても励まされました。
仕事はかなり一杯一杯ですが(涙)、大変なのは社会人皆同じですしね!お互い体に気を付けて仕事も読書もがんばりましょう!

> 武士道にエロは欠かせませんよねぇ☆もう武士道と聞いただけでエロを想像する自分・・・何処までも頭が腐ってます(笑)男気がなんとも・・・主君を愛する想いとか・・・もう腐的ですよね・・・。

武士道萌えを共有できてとっても嬉しいです!そうなんですよ。武士道とエロは切り離せませんよね!特に小姓とか凄くエロいイメージが・・・。大名同士の美少年の小姓争奪戦とかよくあったらしいですね。 
忠義は萌えますよね~。愛する亡君の敵を討つ家臣とか萌えすぎてどうしようという感じです(笑)。
当時の「男色」って、男女間では得られない「強い絆」によって結ばれた関係というニュアンスで見られていた節があるようで、ちょっと現代のBLにも通ずるものがあるかなあと思いました。

Re: こんばんは

ミドリさん、こんばんは。コメ、ありがとうございます!
絶対シリーズ、ホント、よかったですよね!
同人誌、集めてらっしゃるんですね~。私もちるちるのレビューを見て、絶対シリーズの番外編はすごく気になっていました。どちらのカップルも凄く好きなので、兄弟カプそろいぶみってめっちゃ美味しいですね。ぜひ読んでみたい!でも、入手できないんですね。残念i-182

ユギさんのオススメ作品、紹介して頂いてありがとうございます!早速「俺は悪くない」「誰にも愛されない」を注文しました。最近、漫画をよく読むようになってきたので、またいろいろ一押し作品を教えてくださいね。

武士道・・・

武士道と言えば、BL小説で六青みつみさんが書かれてる「君がこころの月にひかれて」と言う小説があるのですが・・・陰間茶屋に売られそうになって逃げ出した子が、藩主に拾われてのちに側小姓になって・・・・と言う話があるんですよ。これを読んで自分はずっと涙を流しながら読んだ記憶があります。せつなさと、悲しさと、藩主に対する恩義と愛と・・・色々な要素が含まれた作品になってます。武士道とエロスを読まれた後、お時間がある時に御嫌でなければ、是非読んでみてください!
たぶん・・・泣いて頂けるんじゃないかと・・・(自分あほみたく泣いてばっかりいたので^^;)気が向いたら是非一読してみてください。

Re: 武士道・・・

レイさん、こんにちは~。オススメ、ありがとうございます!
知らない作品でしたので、教えて頂けてとっても有難いです。
切なさ、悲しさと恩義と愛と・・・。いいですねえ、こういう作品。切ない泣けるお話は大好きですので、凄く惹かれます。
早速注文しようと思います。ホント、ありがとうございました!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。