スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂原糖子『夜明けには好きと言って』

砂原先生の『夜明けには好きと言って』の感想です。私の大好きな作品。こちらも以前、ちるちるさまに投稿したレビューを加筆修正したものです。

夜明けには好きと言って (幻冬舎ルチル文庫)夜明けには好きと言って (幻冬舎ルチル文庫)
(2005/09/15)
砂原 糖子

商品詳細を見る


黒石篤成(ホスト)×白坂一葉(ホスト) 中学時代の同級生

ホストクラブが舞台の再会ものです。トラウマを持つ受けの視点で話が進んで行きます。
白坂一葉は、顔に対するコンプレックスに苦しんできました。それは、幼い頃に、義母に「気持ち悪い顔」と言われたことに遡ります。たかが顔、とは言えないですよね。義母の言葉は、「器量が悪い」という意味で発せられたものではなく、生さぬ仲の子供に対する悪意(とその母への嫉妬)から出たものでした。

顔とは、その人を代表するもの。相手の顔を否定するとは、相手の存在そのものを否定することなのではないか、と思います。義母が否定したかったのは、一葉の器量ではなく、一葉の存在そのものだったのでしょう。結果として、一葉は自分の顔へのコンプレックスを植えつけられ、自分の顔を直視することができなくなり、「自分は駄目な人間だ」と自己否定へと陥ってしまい、さらには、他人と顔を合わせることもできなくなり、対人関係を築くことができなくなります。一葉は、自分の存在そのものを否定的に捉えてしまうことによって、他人と対話することができないできたのです。

対人関係が築けないことによりリストラされ、再就職にも失敗した一葉は、事故(自殺未遂のようにも見えます。未必の自殺といったところでしょうか)で重症を負います。その後、整形して、「一夜」という別の人間として人生を再出発させ、ホストになります。そして、勤め先のホストクラブで中学時代の同級生である黒石篤成と再会するのです。

一葉と黒石は、中学時代ひと夏だけ付き合っていました。中学時代、一葉は黒石に告白されます。コンプレックスの塊だった一葉は、「こんな自分でも好きになってくれる人がいる」と素直に喜びますが、一夏共に過ごした後、黒石は家の事情で転校していってしまいます。その後、告白が実は罰ゲームだったことを知った一葉は、黒石に裏切られたと思い、彼をずっと恨んできました。そして、再会した黒石に復讐の念を抱くのですが、そんな一葉に黒石は「好きだ」と告白します。一葉の「顔が好きだ」と。

「顔」。それは一葉がそのために人生が上手く行かないと思い、ずっと嫌悪してきたものなんですね。昔の自分と今の自分で違うのは顔だけ。結局は全て「顔の美醜」で決まってしまうのだ…そう一葉の心はやりきれなさに包まれます。だけど、黒石の好意は、決して一葉の「顔」の美しさに向けられたものじゃないんですよ。黒石からすれば、顔が綺麗だから好きなんじゃない。全部ひっくるめて一葉のことが好きなんです。先に、顔とはその人を代表するものと書きましたが、黒石にとっても、一葉の「顔」というのは、一葉の存在そのものだったんじゃないかなあと思います。黒石は、今も昔も不器用で言葉が足りないんですね(全然ホストっぽくない人ですね)。

過去、始まりは罰ゲームだったとはいえ、いつしか本気で好きになった一葉を傷つけたことをずっと後悔してきた黒石は、一葉に純粋な愛情を向けます。そして、復讐心から黒石を弄ぼうとして彼と付き合い始め一葉は、やがて彼の真面目で真っ直ぐな在り方、自分に向けられる真摯な愛情に惹かれて行きます。が、なかなか上手く行かないんですよね。過去を償おうとするかのようにひたむきに一葉を愛する黒石と過去に捕らわれたまま、自分をさらけ出せない一葉。すれ違いを繰り返しちゃう。このあたりになると、私は一葉のかたくなさにちょっとイライラしてきました。自分の価値を認められず、自分の殻に閉じこもったままでは幸せになれないし、結果的に自分を愛してくれる人のことも傷つけてしまう。一葉に振り回され、傷つく黒石が哀れでした。

オチは、なかなか意表を突かれますが、私はとても共感しましたね。一葉がコンプレックスから解放され、本当の意味で生まれ変わって、本当の姿で黒石に向き合い、心から笑えるようになった姿には心を打たれました。大切なのは、自分の価値を認め、自分という存在を愛すること。そう思わせてくれた、とても真摯な作品でした。
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : 本・雑誌

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。