スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙

昨日は衆議院選挙でしたね。私も投票に行って参りました。

事前の予想通り、民主党の圧勝、政権交代となりました。公示前の数が自民300、民主115でしたから、ちょうど両者が入れ替わる形となりましたね。変化ってあっけなくやって来るなあとテレビで与党の皆さんを拝見しながら思いました。まさに諸行無常。
ですが、正直、どのように変わるのか、あまり展望は見えて来ないように思います。民主党は色々と多岐に渡って政策を掲げてはおられますが、果たしてどこまで実現可能なのか分かりませんし。そもそもマニフェストって法的拘束力があるわけでもないし、マニフェスト通りの政策をしなければならないという決まりもないですよね?あくまでも「達成目標」。だからこそ、選挙時に掲げられていた政策理念とその後の方向性の間に「ズレ」が生じていないか、私達国民はしっかり見極めて行く必要があるんだろうな、と思いました。歴史を見ていると、新権力が従前の権力と同じことを繰り返すという例が見られますが、新政権には同じ轍を踏まないよう、良い意味での「変革」を実現して頂きたいと思います。(生意気ですみません)。

ところで、今回気になったことが一つありました。投票日当日に某党から電話が。母との間で次のようなやり取りとなりました。

相手 「もしもし、△△党ですが、もう選挙には行かれましたか?」
母 「いえ、まだですが。」
相手 「そうですか。ではよろしくお願いします。」

選挙運動期間は前日までという決まりになっていますが、この電話は選挙運動には当たらないのでしょうか?「よろしくお願いします」だけだったらいいのかな~?当日にかけて来るって相当危機感があったのでしょうね。

選挙にまつわる話って色々聞いているとスゴイです。例えば、父の知り合いが某党の党員さんなのですが、その方が以前、選挙のことでウチに電話してこられたそうです。「お宅は○票ね」と。その方の中では、我が家はすべてその党に入れる、という計算が為されていたようで、母はそれを聞いて「勝手に決めるな!」とだいぶ怒っていたそう。ホント、形振りかまわないんだな~とある意味感心してしまいましたw
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。