スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浄瑠璃寺・岩船寺ツアー

ちょっと前になりますが、職場の方々と浄瑠璃寺・岩船寺に行って参りました。両方とも浄土信仰と深い関わりのあるお寺です。

せっかく写真も撮りましたので、アップしておきたいと思います。あいにく当日は雨でしたが、雨に濡れた紅葉もまた風情があり、一興でした。

まずは浄瑠璃寺から。「浄瑠璃」とは東方にある浄土を意味し、そこには薬師如来が住んでいるとされます。平安時代後期、貴族たちの間で浄土信仰が盛んになったのですが、それに伴って藤原文化と呼ばれる浄土教美術が生まれました。この藤原文化の粋を集めたのが浄瑠璃寺です。浄瑠璃寺は、1047年に薬師如来を本尊として創建されたとのこと。創建当初には、薬師如来が本尊だったために、浄瑠璃寺と名付けられたのですね。その後、本尊は阿弥陀如来に変わりましたが、お寺の名前はそのまま変わることはありませんでした。

DSC00021_convert_20091211203326.jpg

浄瑠璃寺の写真。遠くに写っているのは、三重塔(国宝)です。優雅ですね。中には薬師如来が安置されています。浄瑠璃寺は、西に阿弥陀如来、東には薬師如来という配置になっているのですが、それは仏教では、西に阿弥陀様の極楽世界、東にお薬師様の浄瑠璃世界があるとされるからなんですね。西は未来、つまり死後の世界であり、阿弥陀仏とは、死者を浄土へと迎えてくれる仏で、対して東の薬師如来は私達を過去世(前世)から現世へと送り出してくれる仏です。太陽と同様、私たちも東から出てきて、西へと沈んでいくわけですね。

さて、浄瑠璃寺は、毎年紅葉の時期に合わせて秘仏である「吉祥天女像」を公開しています。この像がね、ふくよかな顔に均整がとれた体つきで、艶っぽくて可愛らしいのですよ。オススメです。

本堂(阿弥陀堂)には、この吉祥天女の他、浄瑠璃寺のメインと言える九体阿弥陀仏が安置されています。なぜ九体置かれているのかというと、それは、「九品往生」(くほんおうじょう)という思想に由来しています。九品(くぼん)とは、生前に積んだ功徳の違い、またはそれに応じて異なる浄土往生(浄土に生まれること)の仕方9種類のこと。つまり往生の仕方には人間の段階に応じて9つのレベルがあるということなんですね。上は上品上生、上品中生から下は下品下生まで。皆救われると言っても、やっぱり人間の側の努力に応じて救いに段階があるんですね。ちなみに私達が現在使っているあの人は上品だとか下品とかいう言葉や「中の上」とか「下の下」という言葉の語源はこの九品思想にあります。

ただ浄瑠璃寺では、九つの段階それぞれを象徴する阿弥陀像があるわけではなくて、上品上生(一番上)と上品下生(上から三番目)という二種類から成っています。真ん中に安置された中尊が上品下生で、残りの脇尊8体が上品上生だそうです。どうせ救われるならば、より高いところで、目標は高く、という貴族達の上昇志向の表れでしょうか。あるいは現世での高いステータスを死後も保ちたいという欲望の表れなんでしょうか。

お堂の中はほの暗く、ろうそくの灯りに照らされて9体の仏が闇に浮かび上がる様は荘厳でした。

さて、一方の岩船寺。こちらは、729年(天平元年)聖武天皇の勅願で行基が建立したのが始まりだそう。最盛期には39の坊舎をもつ大寺院でしたが、1221年の承久の変により大半が焼失してしまったのだとか。

当初の計画では淨瑠璃寺から歩いて行くつもりだったのですが、途中で道に迷っていまい、さまよっているところをバスに拾って頂きました。運転手さん、ありがとうございました。お陰で遭難せずにすみました。

岩船寺もやはり藤原文化の特徴をよく残した仏像が安置されています。まずは本尊の阿弥陀如来坐像。2メートルを超える大作で、逞しい仏様(でも顔は優しかったのがツボ)でした。お坊さんの解説によると、10世紀に造られた仏像で、浄瑠璃寺の阿弥陀像よりも1世紀以上古いとのこと。説明書きを見ると、946年に造られたとありました。確かに古いですね。古いのに保存状態が良いのでビックリしました。

個人的にツボだったのが、十二神将像。12の像それぞれ動きや表情に個性があって楽しかったです。基本的に12体どれもお笑い系というかユーモラスな造りでしたね。

岩船寺は、コンパクトなお寺で、私達が参拝したときは、人もまばらでしたが、凄く落ち着いた趣のある素敵なお寺でしたよ。穴場かなあと思います。ただアジサイで有名なお寺なので、アジサイが見ごろの6月は混雑が予想されます。

DSC00023_convert_20091211203623.jpg

岩船寺の三重塔の写真です。あまり綺麗に撮れなかったんですけど。この塔は、鎌倉時代に再建されたもので、重要文化財に指定されています。

拍手へのお礼:拍手を頂戴した皆さま、ありがとうございます。大変励みになっています。
11月30日コメント付きで拍手を下さったusamomoさま、ありがとうございました。お礼が遅くなりまして、申し訳ありません。奈良・京都がお好きなんですね。私も京都に住んでいながら、まだまだ見ていない所がたくさんあります。これからもっと色々な所に出かけて行って、記事にしたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

京都かぁw

エレニさんって確か京都に在住してるんでしたっけねぇ☆
いいなぁ~~ ❤京都は日本の歴史があふれてて・・・大好きです!といいつつ・・・京都には中学での修学旅行しかいってませんが・・・日々、歴史に触れられるって良い事だと思うんですよねぇ ❤中々京都には行かれないから、エレニさんのお寺めぐり記事を楽しみにしているんですよ~wブログ内でプチ旅行に行った気分になります(〃艸〃)

Re: 京都かぁw

レイさん、こんばんは☆いつもコメ、ありがとうございますi-175
京都、お好きなんですね~。確かに京都って町そのものが歴史遺産ですよね。

>エレニさんのお寺めぐり記事を楽しみにしているんですよ~wブログ内でプチ旅行に行った気分になります(〃艸〃)

そう言って頂けると凄く嬉しいです!私は生まれてからずっと京都在住なんですが、お寺や神社めぐりをするようになったのはわりと最近ですねえ。住んでるといつでも見れるわ、と思ってしまい、なかなか行かないもんなんですよ。最近は、将来京都を離れることもあるかもしれないので、住んでいるうちに見とかなきゃ、みたいな感じで色々廻ってます。
レイさんがもし京都に来られるときがあったら、ぜひ教えてくださいね。案内しますよ~。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。