スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤原頼長萌え♪院政期最高です~w(続き)かなり『双調平家物語』の感想

挫折知らずの頼長さん。が、ピンチの芽は本人が知らぬ間に生じていました。うん、人生そんなもんだよね。ピンチの芽って上手くいってるように見える時に潜んでることが多々あるから、本人は気づきにくい。で、気づかないうちに徐々に大きく育って行く。
頼長にとってのピンチの芽は、やはり人間関係に起因するものでした。当たり前か。はたから見れば、敵作ってなんぼの生き方だもんね。頼長の敵はまず兄であり養父である摂政・忠通。頼長は元々男の子がいない忠通の後継ぎとして養子になったんですが、その後忠通に男の子が生まれちゃうんですよね。まあ忠通お兄ちゃんとすると、当然実子に跡を継がせたいわけで、弟は邪魔な存在になるわけです。まあ元々馬が合わない兄弟だったんですが。兄弟仲の悪い背景には、忠実パパが頼長ばっかり可愛がるということもあるんでしょうね。
で、もう一人の強敵。こっちがラスボスですが、鳥羽院の后、得子。彼女は頼長のことが嫌いです。当たり前ですね。(たとえ陰でも)下賤呼ばわりしたらそりゃ嫌われるわ。昨日も書いたんですけど、頼長って自分が「本来あるべき」だと思っているあり方にとことん固執して、それを世界において徹底的に実現しようとするんですよね。だから周囲とぶつかる。まあある種の原理主義者かなあと思うんですけど。
得子に対する徹底した嫌悪もそんな彼のスタンスの表れなんですよね。なんであんな出自の低い女が権力を持って威張ってるんだよ、道理に合わない、本来あるべき秩序から外れている!という感じなんですよ。普通はそう思っても、表面的には力のある相手を立てて、そのうえで利用してやろうとか考えると思うんですがね。政治的センスが乏しいですよね。『双調平家物語』著者の橋本さんは、頼長の得子や家成など「出自が低い成りあがり」に対する嫌悪の内に、彼のコンプレックスを見ておられます。頼長の母は、摂関家の家司(事務を司る職員)の娘で、摂関家の息子の母親としては出自の低い女性なんですね。ちなみに忠通お兄ちゃんの母は、右大臣の娘です。頼長にとって、母親の出自が低いということが強いコンプレックスで、「出自が低い成りあがり」対する彼の嫌悪は、自身のコンプレックスの表れだったというんですね。なるほど~。自分自身とアナロジカルであるからこそ、コンプレックスが働くということなんでしょうか。
とにかく得子に嫌われたことが、頼長の運命を決定づけたと言ってもいいでしょう。忠通と得子は、反頼長で手を組み、頼長は追い詰められていきます。いつの間にか事が自分の思う通りに進まなくなっていることに気づいた頼長は茫然自失に。
そんな息子を忠実パパが心配して、愛人の源成雅を使者として頼長の元へ遣わしてきます。実はこの成雅と頼長、因縁のある関係なんですよ。頼長は、かつて父の愛人である成雅を妬んで、失脚させたんです。頼長からすれば、父から愛されるのは、自分だけじゃないとダメ。自分以外に父の愛情を受ける者がいるなんてあってはならないわけです。ホントに幼いですよね、20代半ばの男がw
さて、因縁の二人が対話する場面なんですが‥これがいい‥!たぶんこの7巻で一番ドラマティックだし、一番泣ける場面です!頼長はかつて憎んだ相手に許しを請い、二人は和解し、気持ちが高揚するまま抱き合います。そして、頼長は、成雅を抱く中で、初めて本当の意味で人を求める心を知り、癒されます。
ここって、たぶん頼長の変化を表す象徴的な場面なんですよね。頼長は、他人から離反され孤独になって、行き詰まりや挫折を味わったからこそ、人に許しを請い、人を求めるようになったんではないかと。「他人は自分に従属し、自分のものになって当然」と自分の力を確信していた時とは違う頼長の姿です。
「求められて成雅は、頼長を癒した。癒されて頼長は成雅の腕の中で退行をした」(『双調平家物語7』285頁)。この一文、好きなんですよ~。頼長が子供のようになりふり構わず他人を求める感が出てて可愛いし、心に響くものがあります。
著者の橋本さんは、頼長を世間の空気も時流も読めない「愚か者」(勉強はできるんですけどね)として描いてるんですが、でもどこか頼長に対する愛情というか同情のようなものを感じます。だからか読んでるなかで、頼長が追い詰められていくと、すごく切なくなる(笑)
後、『双調平家物語』を読んでて思ったんですけど、頼長ってファザコンっぽいですね。成雅に対する仕打ちからもそれは伺えますが、なんというか父親に愛され、期待されるということが自信の源になっているような。保元の乱で瀕死の重傷を負った時も、最後に一目忠実に会ってから死にたいと願うんですよ。結局忠実パパからは面会を拒まれちゃうんですが、それを知らされた時の頼長がもう可哀そうで。忠実からすれば、謀反人になった息子を邸に入れたら、自分の立場とか家が危なくなるわけで、仕方のない選択だったんでしょうが‥。頼長の最期は哀れで(でもどこか美しい場面でもある)、涙なしには読めません。

長々と書いてしまいましたが、何が言いたいかといいますと、個人的には、頼長は、単に「俺が正義だ、俺が法律だ」という暴君(そういう暴君的なところとも、もちろん彼の本質だとは思いますが) としてだけ描くよりも、弱さや愚かさ、不器用さ、幼さを全面に出して描いた方がしっくり来るかなということです。まあ今年の大河では敵役だし、脇だから、あんまり掘り下げる余裕はないでしょうが。それでも、何となく彼の「幼さ」みたいなものはちょっと出てるかな?いっそのこと『双調平家物語』を下敷きにして、ドラマ「藤原頼長」を作ってくださらないだろうか。別に大河とは言わないから。(そんな贅沢は言えないw)新春時代ドラマとかでダメですかね?いや、正月から男色やったらお茶の間が大変なことになるか。とにかく深夜枠でもいいので、一本お願いします、NHK様。キャストは今回と同じ山本さんで。

上の文からお分かり頂けるかもしれませんが、私は、「隙とか脆さ、ダメな部分がある子」が好きです。単なる「アホの子」には萌えませんがww「隙のあるおバカなエリート」とかツボです。学業優秀で、理想やプライドはやたら高くて、脆さもあって甘ちゃんな部分もあって、頑固で世渡りが下手で‥。実際にいたらお近づきにはなりたくないタイプに小説とか歴史の中だと萌えたりするんですよね‥。(周りにこういうタイプがちらほらいますが、あんまり萌えない‥)。自分と関係のない、リアルではないところに存在するからこそ萌えるということなんでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

藤原頼長萌え♪院政期最高です~w

今年の大河『平清盛』ずいぶん突き抜けてますね~。まさかNHKがゴールデンタイムにあの場面を2回も‥!しかも2回目は無理やりだし‥。いやはや驚きました。
私は家族と一緒に観てたんですけど、相当気まずい思いをしましたよ!ニヤニヤを抑えるのも大変だし。世の中のお茶の間はどんな感じだったんだろう?子供さんがいる家とか‥。
さて、私は年季の入った歴女で(小6くらいからかな?)、昔から平家物語が好きだったこともあって、院政期にはとても関心がありました。もちろん、かの悪左府藤原頼長の日記、『台記』にもww彼は、そこまで正直に書かんでもと思うくらい赤裸々に関係を持った男性のことを記してますよね。あのお盛んぶり(と漂々とした露出ぶり)には、あっぱれというしかないです(笑)まあそこにあるのは、純粋な情愛というわけではなくて、色々な政治的思惑が絡む中で存在していたわけですけど。ちなみに頼長の父、忠実パパも『富家語』という語録の中で自身の男色の相手、源成雅について書いています。曰く「彼は父親に比べると、顔は劣るけど、後ろがいいから寵愛した」んだとか。親子そろってなんという露出癖ww
で、今回大河で頼長公がやたら目立っていたので、改めて彼の「像(イメージ)」というものが気になりました。ドラマの中の彼のイメージって「腹黒い」「策士」「プライドが山のように高い」「傲慢」「男色」。こんな感じでしょうかね?後の3つは、私が持っていたイメージと重なるんですけど、最初の2つはちょっと違和感があったんですよね。なんていうか、そんなしたたかなタイプだというイメージは私の中にはなかったんです。
ドラマの中だと、頼長は「家盛に近づいて策を弄して手籠めにした挙句、潰して捨てる」というどこまで悪いねん!という感じの「腹黒い策士」という役どころだったわけですが、ここで私は正直、おお~こういうイメージもあるのか!と新鮮に思えたんです。というのは、私は、どちらかというと、頼長って単純というか直接的な人、というイメージを持ってたんですね。だって、ライバルの家成の家を報復のために壊したり、職務怠慢な貴族の家に放火したり、鳥羽院の寵姫、得子のことを堂々と出自が低いと馬鹿にしたりと行動や言動が直接的なんですよ。
ちなみに、家成は、鳥羽院の超お気に入りの近臣です。この場合のお気に入りとは、そうです「男色のお相手」ということです!大変な美男子だった家成は、鳥羽院に寵愛されてのし上がり、大きな権勢を誇るようになります。そして、院をバックに絶対的な権力をもつ得子は、家成のいとこです。 
時の権力者や有力者に堂々と喧嘩売るなんて、世間の空気とか流れが致命的に読めない人じゃん!!策士と言いうよりも、むしろ世間知らずで自信過剰なお坊ちゃんなんでは?
そんな中、読んだのが橋本治氏の『双調平家物語』。全15巻の大作です。その中の7巻で主役的な位置を与えられているのが頼長です。橋本氏の筆による頼長像は、私のイメージに近いものでした。正確に言うと、私がイメージしていたよりもずっと可愛い(笑)
作中では、頼長の男性遍歴についてもかなり紙片が割かれています。まず鳥羽院の皇子である崇徳院の愛人だった藤原為通。頼長より8歳年上で、初恋の人になります。頼長は為通を手に入れたいのですが、なにぶん恋愛なれしていない初心な子なので、なかなか口説けない(笑)対して為通はしたたかで、頼長の気持ちを分かりながら、「頼長を受け入れることで自分にメリットがあるのか」と頭の中で計算してるんですね。為通と一晩中同じ車にいながら、手を出せずにひたすら漢籍の講義をしている頼長が可愛すぎて萌えます♪
そんな時、頼長の目に止まったのが、藤原忠雅。家成の娘婿で、美男です。頼長よりも若いけど、ずっと遊びなれた感じです。ちなみに彼に男色のてほどきをしたのは、家成ということになっています。家成が鳥羽院の愛人を引退するとき、自分の代わりとして忠雅を鳥羽院に差し出すに際して、家成自身が忠雅に手ほどきをするんですね。さすが院政期ww頼長は、忠雅には直接ぶつかり、彼を「手に入れ」ます。ここで、濡れ場が(笑)もちろん本番までは描かれませんが、一般書にしては、結構艶かしいです。
忠雅は、調子がいいというか、ちょっとお節介なところがある子ですね。為通と頼長の仲介もやりたくてしょうがない(笑)結局、彼の仲介で頼長は為通と結ばれます。こっちも本番は描かれませんが、事後の描写がエロイ(笑)お仲間の皆さん、ぜひ読んでみて下さい!
まあなんていうか、頼長が恋愛偏差値の高い貴公子たちから翻弄されてる感じです。面白いのは、頼長が「なぜ男性を求めるのか」という部分が掘り下げられているとこですね。相手の美貌のためでも、身体的快楽のためでもない。彼は、自分の「力」を確証するために、高貴な身分の男達を抱くんですね。そして、自分の「力」を確信することで、何ものも恐れずに突き進んで行く。このあたりは、青いなあと思います(笑)彼の中には、自分の「力」に対する強力な確信があるから、自分の価値基準が世界の価値基準であって然るべきなんですよね。自分の理想こそが「本来」のあり方なんです。だから、自分の基準に則した理想を実現しなければならないと信じてるわけです。結局は、挫折を知らない甘いお坊ちゃん。でも、嫌いじゃないんですよ、こういう人。ある意味純粋で真っ直ぐですからね。まあ近くにいたらウザイかもしれませんけど。が、世の中そんなに甘くない。やがて、彼も大きな挫折に直面することになります。私は挫折してからの頼長の方が好きです♪
だいぶ長くなったので、いったんここで切ります。続きはまた後日。

テーマ : ボーイズラブ - ジャンル : アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。