スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スターズオンアイスとジョニー・ウィアー

一昨日、次のような記事が出ました。

アイスショー「出演拒否」のJ・ウィアー、自身でショー開催へ

内容は、ジョニー・ウィアーが「家族向けではない」ことを理由にスターズオンアイスへの出演を拒絶されていると語っていること、そして、「中傷と戦うゲイとレズビアンの同盟(GLAAD)」は、ジョニーが同性愛者と判断され、出演を拒否されているとして、抗議活動に乗り出したということ。

元の記事は↓。
Ice tour denies snubbing Johnny Weir over sexual orientation

自身のアイスショーを予定しているというのは間違いです。出来たらいいな、と言ってるだけ。全体のニュアンスとしては、不満を表明しているというよりは、出られなくて残念だ、自分はアメリカ、世界中にファンがいるから、自分を招いてくれたら売り上げに貢献するよ、とアピールしている感じでしょうか。

問題の背景については↓の記事が分かりやすく解説してくれています。
http://outsports.com/jocktalkblog/2010/03/13/republicans-rampant-at-stars-on-ice/#more-10916

スターズオンアイスの発起人であるスコット・ハミルトン氏がopenly homophobicであること、さらに保守的な企業、smucker'sがスポンサーになったことを問題の背景として説明していますね。特に後者は、スターズオンアイスが保守化する大きな契機であったとしています。ここでの保守化というのは、「男は男らしくあるべき」という方向性を意味するようです。記事は、今年のスターズオンアイスの男性出演者が皆「男らしい外見」であるとし、ジョニーの「性志向」とともに「女性的な外見や仕草」を問題の核心に挙げています。

一つ補足しておくと、ジョニーは、自らの性志向についてはプライベートな事柄として明言を避けています。ですから、smucker'sが(GLAADもですが)ジョニーをゲイだとみなしているならば、それはあくまでも推測の域を出ないということです。彼の外見やファッション、スケーティング、仕草が「男らしくない」故に「ゲイではないか」と推測されているんだろうと思われます。 

smucker'sは共和党に多大な政治献金をしており、smucker'sのCEOである Tim Smucker氏は共和党の代議員であるとのこと。もちろん共和党支持者がすべて同性愛反対の立場をとるというわけではありませんが、全体的にはキリスト教右派の影響から同性愛を罪悪視する人が多いと思われます。

こういう嫌悪感というのは、キリスト教文化圏で育っていない私には全く分かりません。むしろ日本では萌…。いや、それはおいといて。もちろん日本でも嫌悪感を抱く人たちはいますけど、思想的には「あるがまま」の在り方を肯定する傾向は実はアメリカよりも強いのではないかと。

そもそもアメリカの保守層の倫理は、正直、我々日本人の了解の範疇を超えるものがあると思います。確かに彼らが掲げている教理に基づく指針には、禁欲や自分の罪を凝視する生き方など尊敬できる点もあります(私はあんなに自分に対して厳しく向き合えないし)。ただ自らの価値観を絶対的なものとし、そこから逸脱するものを排斥する方向へと進むと、それは狂信でしかないのでは、と言いたくなりますね。向こうの徹底したホモフォビアって、何か集団ヒステリーか社会病理にしか見えない。昔の異端審問を思わせます。

ところで、私はsmucker'sと共和党の関係について書かれた部分を読んだとき、もしかしたら問題は性志向に関する部分だけではないのでは、と思いました。ジョニーは、以前、ブッシュ前大統領をヒットラーと同一視するなどブッシュ政権をかなり辛らつに批判し(スゴイ!)、共和党支持者からバッシングを受けていました。このことを考慮に入れるならば、ジョニーが「男らしくなく」「ゲイっぽく見える」というセクシャルな事柄とともに、彼の政治に関するスタンスに対してもsmucker'sは反感を持っているんじゃないか、と想像してしまうんです。あくまでも想像ですけど。

スターズオンアイス側は、ジョニーを招聘しないことについて特別な思惑はないと言ってるようですが、ジョニーは重要な国際舞台(つまりオリンピック、ワールド)でのメダルはワールドの銅一つではあるけれど、全米で三連覇を果たし、オリンピックで二回入賞していて、実績は十分ありますし、またショーでジョニーを観たいと望む多くのアメリカ人ファンがいます。にもかかわらず、ジョニーを一度も招聘していないのは、ジョニー個人に対して何らかの思惑があるとしか思えないんですよね。

仮に性志向であれ、政治観であれ、プライベートなものとパフォーマンスを切り離して考え、純粋に実績と人気(集客力)を考慮して選択するのが妥当ではないかと思います。ショーを見たいと望んでいる人全てが保守的な考えではないでしょうし、様々なタイプの人間に開かれたショーであって欲しいです。

まあ実のところ保守的なスポンサーによってがんじがらめのショーに出るのはジョニーにとって本当に良いことなのだろうか、と思わなくもないんですが。本当は、ジョニーのキャラを認めてくれるリベラルなスポンサーによるショーがあれば一番いいんですけどね。昔のチャンピョンズオンアイスのように。不景気だから難しいかなあ。

結局、スターズオンアイスがアメリカ唯一のショーである以上、スケーターが稼ぐには(この点は経済状況が苦しいジョニーにとって死活問題)、そして、アメリカのファンに自分のスケートを見せるには、これに呼んでもらうしかないんですよね。だからジョニーもショーに出られなくて残念、と示唆しているのだと思います。

そういうわけで、今、ジョニーのファンがスターズオンアイスに参加させて、という署名運動がなされています。一応参照ページを貼っておきますね。関心のある方はどうぞ。
http://japanesejohnnysangels.com/viewtopic.php?f=9&t=4774&p=12377&sid=93eca0965875034d66aebe63967f84ee#p12377

一万人分の署名が集まったところで提出するのだそうです。

追記
上でかなり批判的なことを書きましたが、スターズオンアイス自体を否定する意図はありません。フィギュアスケートの一ファンとして、興行が成功することを願っています。ただもしジョニーが何らかの個人的な理由により、活躍の舞台を機会を奪われているならば、それは非常に悲しいことだと言いたかっただけです。

拍手へのお礼
ちよこさん、拍手ありがとうございました。お礼が遅くなって申し訳ありません。ジョニーの動画、めっちゃ可愛いですよね~。最近は、ニコニコにたくさん動画が追加されて、無限ループから抜け出せず…。どっぷりはまってもはや中毒です。
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

ジョニー・ウィアー オリンピックの演技+ワールド辞退について

長い間、放置してしまいました。理由は身内の病気・不幸のためです。前から入院はしていたのですが、二ヶ月ほど前から容態が急変し、先月亡くなりました。亡くなってすぐは、まったく実感がわかなくて、何が起こったのだろう、とどこか人事のような感覚に陥っていましたが、少しずつ普通の日常にも慣れてきたような気がします。それがまた寂しいんですけどね。

さてさて、 上に書いたような事情から、先月は落ち着いてテレビを見れる状況ではなかったのですが、ジョニーの演技はしっかり見ました(いえ、他の選手もしっかり見ましたよ。男子も女子も)。録画でだけど。

ジョニー!!よかったよ~!SP、FP共に感動しました。彼は一人ある種別次元で滑ってましたね。もちろんメダルは欲しかったと思うんですが、それ以上に自分の世界観を余すところなく表現することに重点を置いていたように思いました。点数はあまり伸びませんでしたが、点数以上に大きなインパクトを観る側に与えたと思う。点数が出た後のブーイングはそのことを物語っていたと思います。 

正直、1月の全米のフリーを観た時、一ヶ月でどれだけ仕上がるのだろう?とすごく不安を覚えていたのですが。プログラム自体は成熟したものでしたが、ジャンプの調子がいまいちでしたし、もうちょっと詰めていかないと、五輪で上位に組み込むのは難しいかなあと思っていました。

それが今回は、SP,FPともに、ジャンプもきれいに降りてるし(不安要素だった3Aも3Loも決まった!)、全体の流れもスムーズで、今季で最高の出来でしたね!動きも凄くキレがあって、よく乗っていたように見えました。クリーンに滑りきったにもかかわらず、点が出なかった要因は、3Fのエラー判定、つなぎの薄さ等(+ジャッジの世界における様々な思惑も?)なのでしょうが、もうね、そういう技術的な度外視して、純粋に賞賛できる演技だと感じました。疲弊していた精神が癒されましたよ。

採点競技ですから、様々な基準があり(ルールとして明文化されていない不文律、ないしは暗黙の内に共有されている嗜好なども含めて)、それに即して演じることが高得点につながるのは必然だと思うのですが、そういう基準を超越した美を開示してくれた。そのことに心から感謝したいですね。

ジョニーの特筆すべきところは、細かい動きを多く入れなくとも、雰囲気と演技の流れ、姿勢や所作の優雅さ等で魅せることができる、という点にあるのではないかと個人的には思います(まあ細かい動きを入れないと点は出ないんですが、それはこの際置いといて)。一番大きいのは、彼独特の雰囲気というか世界観なんだろうな~。ジョニー自身、自分の世界を創るということに重点を置いているとよく語っていますが、彼の世界って必死で創りあげたというより、自分の中から湧き上がってくるものをそのまま形にした感じがします。自然なんですよね。 

SPはセクシーで刺激的。演じるキャラクターは「男娼」だとか。う~ん、ぴったり。あの決めポーズ、もうテレがなくてノリノリで、本気で誘ってるようにしか見えなかったですw凄い破壊力だわ、誘惑した相手を破滅させそうな感じ。ファム(オム)ファタール、ジョニー。小悪魔ジョニー。何ですか、"I love you. I hate you."ってオリジナルタイトルは。昼ドラか!どこか気だるくてデカダンな雰囲気の入りの部分も好きですが、中盤のスピンの後からの弾けっぷりが神レベルでしたね。とにかく妖艶な陶酔の美が堪能できるプロでした。後、キスクラでの「テンキュー」が可愛すぎて、萌え死ぬかと思いました♪ちなみにニコニコ動画では、案の定お尻ばかり注目されていて笑えた。

一方、FP。終盤までは大きなテンポの変化もなく、全体の統一感を打ち出したプロ。ジョニーによると、このプロ、お酒に喩えるならば、古いビンテージの赤ワインなんだそうです。"The free program is a very, very old vintage red wine. It’s very smooth and dramatic and dark in places." なるほど。確かに全体的に静かでありつつ、その中にどこかドラマティックな「揺れ動き」が胎動している感じかな。そして、「堕天使」というテーマだけあって、所々で暗鬱とした雰囲気が醸し出されている。堕天使はジョニー自身と彼のキャリアを表している、つまり頂点から最下層まで転落する堕天使を自らに重ね合わせているんですね。テンポが徐々に加速していく終盤のドラマティックな展開は堕天使=ジョニーが再び頂点へと還帰しようとするかのように、そして、静けさは堕天使が再び飛翔するためにエネルギーを溜めているように私には感じられました。ジョニーが構築したストーリーやイメージがプログラムを通して伝わってきて、素晴らしい感動的なプログラムに仕上がっていたと思います。終盤のステップ~スピンの部分で思わず泣けてきました。ジョニーの芯の強い美しさを見ることができて嬉しかったです。

フリーのキスクラも可愛かったですね。赤い薔薇の冠が超似合ってました。花嫁の冠のようで(笑)これが似合う男性はジョニーくらいでしょうね。

ちなみに、花嫁の冠は普通白ですが、最近、ブリューゲルの絵画で赤い薔薇の冠をかぶった花嫁が描かれているのを見て、赤でもいいんだということを知りました。すいません、全然関係ないですね。 

さて、オリンピックの演技についてはこの辺にしておきます(これ以上書くと、どんどん痛くなりそうなので)。今後のジョニーですが、もう周知のように、今月のワールドには出ず。オリンピックの後、メディアに出まくってたので、こりゃ出る気ないな、と予想はしていましたが(笑)とりあえず引退ではないとのことですけど、ファッション関係の大学に面談に行くとか言ってますし、今後どうなるかは分かりませんね。もしかしたら学生やりながら、スケートを続けるつもりなんでしょうか。

ワールド欠場は、個人的には非常に残念です。ライサチェックが出ないワールドは大きなチャンスだったと思うので。でも、精神的にかなり疲労しているようだし(オリンピックで最高の演技をしたにもかかわらず、メダルが取れなかったことに対するやりきれなさがあるようです)、ゆっくり休んでエネルギーを蓄えてから、また戻ってきて欲しいなあと思います。来年の東京ワールドにはぜひ来て欲しい!

テーマ : フィギュアスケート - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。